« メディセオ総合医療フェア2016 in東京に出展致しました! | メイン | 第49回 日本薬剤師会学術大会 機器展示コーナーに出展致します! »

2016年6月22日 (水)

2016年調剤報酬改定 かかりつけ薬剤師・薬局 ~新たな指針へ向けた概説とポイント~

2015年5月28日(土)16:00~18:00 調剤セミナーをベイシア文化ホール503・504会議室にて開催いたしました。

今回のセミナーのテーマは「2016調剤報酬改定 かかりつけ薬剤師・薬局 ~新たな指針へ向けた概説とポイント~」でした。

かかりつけ薬剤師が調剤業務に与える影響や薬剤師の役割について関心が高まっている今、患者の署名付き同意書の作成・保管が盛り込まれたことで、「先確認」や調剤手順を活用した薬剤師業務を「対物」から「対人」に転換させるという新たな薬局の仕組み作りが求められ、さらには、患者の薬の一元的な管理や残薬の管理、多剤処方の患者に対して医療機関と連携し情報提供を行い、減薬などに取り組むことなどが課せられています。こういった現状のもと、薬局様に求められる注意点やポイントをアドバイザーである県薬剤師会理事の方をお招きし、ご案内させていただきました。

セミナー終了後のアンケートでは、

「アドバイザーのお話は、理解を深める一助となり、他では聞けないような内容が面白くとても参考になりました」

「個別指導の話はすごく良かった。今後もお願いします。」

といった感想や

「在宅への取り組みの実例や訪問時の注意事項」

「具体的な薬歴記載方法」

「かかりつけ薬剤師」

などについてのセミナーの開催をお願いしたいという意欲的なご意見をいただきました。

皆様のご意見を参考にし、今後もお役に立てるようなセミナーを開催できるよう努めて参りたいと

思います。

ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

Img_20160528_163223