水戸支店

2018年9月28日 (金)

第51回 日本薬剤師会学術大会 機器展示に出展致しました

2018年9月23日、24日に、金沢で開催された

第51回 日本薬剤師会学術大会 機器展示に出展致しましたsign03

本年度の出展では、

新商品『DrugstarPrime2』と『DrugstarLead」の連携をはじめ、患者サービスと業務支援を追求するシステムを発表させていただきました。

one Prime2×Leadの連携「変更点指導文」
前回からお薬が変更になっているときに、患者さんが間違えやすい点を視覚的に説明。患者さんの理解も深まり、かかりつけ薬剤師と一緒に安心して薬物治療を続けることができます。患者さんへの説明をそのまま薬歴に記録できます。
 good変更点がわかりやすい!
 good患者さんとそのご家族にも伝えやすい!
 good訪問先のヘルパーさんにもいいかも!
という感想を多数いただき、大変好評でした!

twoPrime2×Leadの連携「タブレット問診」
Prime2のヒアリング項目をLeadで表示。タブレットで問診した内容が電子薬歴に転送され、ヒアリングから処方監査、薬歴の下書き(指導文)まで同時に登録され、業務効率が大幅に改善されます。
 good訪問先での入力に便利!
 goodアンケート用紙が節約できる!シュレッダーもしなくてすむ!
 good前回内容が見えるのもいい
という感想をいただきました!連携で可能性が広がります!

threeAI×医療「AIを活用した副作用推論システム」(参考出品)
人工知能を活用した副作用推論システムのご提案。患者プロファイルに基づいた継続的な観点の指導サポートシステムです。AIによる副作用推論結果から可能性のある副作用をピックアップします!
 goodぜひ薬歴と連動してほしい!
 good技術の進歩に驚いた!
 goodここまで来たか!

four医療専用チャットサービス「かかりつけホッとライン」(参考出品)
セルフメディケーション時代に合わせた患者サービス。文字だけでなく写真や動画も送信できるチャットならではの機能がとても便利です。かかりつけ薬剤師のサービスに、また他店との差別化ができるとの評価をいただきました!


ご来場いただきました先生方より貴重なご意見を頂戴できましたこと、深く感謝いたしますshineshineshine
医薬品を適正に使用した成果として、患者さんの病状改善はもちろん、医師、薬剤師、患者の三者間での信頼関係が構築できると考えています。この信頼関係構築をコンセプトとして今後もより良い商品開発を進めて参ります。
誠に有難うございましたhappy01 happy01 happy01

Img_1643 upAIコーナーは多くの方に関心を持っていただけましたhappy01

Img_1661m_2 upLeadの変更点薬情は大好評happy02

Img_1635 upお客様への説明にもチカラが入りついつい熱弁happy02sweat01

Img_1617m up PHC様とコラボしたブースですscissorsgeminiscissors

Img_1624 upご来場記念グッズはどれも女子力高め~rougeshine

Img_1598 up学術大会日和の爽やかな青空sun

2014年2月12日 (水)

平成26年度 診療報酬改定セミナーのご案内

 2月23日(日)、つくば国際会議場にて『平成26年度 診療報酬改定セミナー』を開催いたします。

本セミナーは、例年3月に実施させていただいております『法令改正操作説明会』に先立ち、2月12日発表予定の答申を基に、診療報酬のプロフェッショナルである“株式会社  エム・アール・シー 代表取締役 石上登喜男先生”を講師にお招きし、診療報酬改定の内容を詳しく解説していただきます。

石上先生をお招きし、昨年10月・11月に実施したセミナー「レセプト審査の最新事情とその対策」では、ご参加頂いた多数のお客様より大変ご好評をいただき、今回もご講演  いただく運びとなりました。

改定施行に向けたご準備として、皆様方のご参加を心よりお待ち申し上げます。

診療報酬改定セミナー案内書のダウンロード

 

2013年11月21日 (木)

第2回「レセプト審査の最新事情とその対策/平成26年度診療報酬改定の動向」(ひたちなか会場)

2013年10月のつくば国際会議場に引き続き、11月16日(土)にひたちなか市勤労者総合福祉センターにて医療機関様向けのセミナーを実施いたしました。

今回も「株式会社エム・アール・シー代表取締役 石上 登喜男先生」にご講演をお願いし、レセプト審査の最新事情とその対策についてご講演いただきました。

前回のつくば会場と同様に、

「審査の傾向がよくわかった」

「減点・査定を防ぐポイントがわかった」

などのご感想をいただきました。

また、このようなセミナーを継続して実施して欲しいとのご要望を多数いただきました。

皆さまより頂戴しましたご意見・ご感想を、より良いサービスの提供に繋げてまいります。

ご参加、本当にありがとうございました。

Dsc_0121

2013年11月15日 (金)

高萩・北茨城薬剤師会研修会 「適正な保険調剤のための薬歴管理」

2013年11月06日(水)(社)茨城県薬剤師会高萩支部主催の研修認定薬剤師制度認定対象 集合研修会に東日本メディコム株式会社として共催させて頂き、「適正な保険調剤のための薬歴管理」研修会を実施いたしました。

保険薬局の指導・監査の実施状況や背景から「適正な保険調剤のための薬歴管理」について自主点検して頂くためのポイントをご説明させて頂きました。

また、平成26年度調剤報酬改定の行方として薬剤服用歴管理指導料や在宅患者訪問薬剤管理指導についても概説いたしました。

多数のご参加、本当にありがとうございました。

Dsc_0110b

2013年11月 8日 (金)

レセプト審査の最新事情とその対策/平成26年度診療報酬改定の動向

2013年10月17日(木)につくば国際会議場にて医療機関様向けのセミナーを実施いたしました。

平成24年度より審査支払機関で開始されたコンピュータによるレセプト突合審査・縦覧審査により、返戻・減点の傾向が大きく変わってきました。

この度、医療事務コンサルタントとして国公立を含む医療機関のレセプト点検、減点査定対策等を中心にコンサルティング活動をされている「株式会社エム・アール・シー代表取締役 石上 登喜男先生」を講師としてお招きし、レセプト審査の最新事情とその対策についてご講演いただきました。

講演終了後、参加されたお客様より、

「症状詳記の必要性を感じた」

「院内でのコンピュータチェックの重要性を改めて認識した」

「ドクターにも聞いて欲しい内容でした」

など、数多くのご意見・ご感想をいただきました。

多数のご参加、本当にありがとうございました。

 

次回は、2013年11月16日(土)「ひたちなか市勤労者総合福祉センター」にて実施いたします。

ご参加、心よりお待ち申し上げております。

20131108

セミナーのご案内→ seminar-m2013-01.pdfをダウンロード